三島町宮下地区屋号サインプロジェクト

0

    暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト

     

     

    前回の記事、ゲストハウスのソコカシコさんがある村は

     

    「三島町宮下地区屋号サインプロジェクト」という

     

    公共領域のためのメディア部門で2012年グッドデザイン賞を受賞したエリアがありました。

     

    https://www.g-mark.org/award/describe/39406

     

     

     

    暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト

     

     

    西粟倉と同じく、本当に偶然に、

     

    車で走っていると「なんだこれは!」という景色に遭遇しました。

     

    なんの変哲もない田舎町を走っていて、突然現れる良い意味での違和感。

     

    しかも設置にはそこまでのカロリーを要さないであろう

     

    素晴らしいコミュニケーションのアイディア。

     

    会津大学短期大学部が立ち上げたプロジェクトなのだそうで

     

    この屋号サインをきっかけに伝統建築に新建材等を張った

     

    住宅の外観をもとに戻す活動も始まっており、

     

    継続的持続的な活動が今後も期待できる。

     

    とのことです。

     

    こういう発想は、他の各地の自治体でもどんどん取り入れていくと

     

    町や村に個性が出てきて面白いんじゃないかなあと思いました。

     

    このプロジェクトから連想したのが、前に台湾の台中で見た彩虹眷村

     

     

    彩虹眷村,台湾,台中,虹村

     

     

    ここに絵を描き始めたのは、「黄じいさん(黄伯伯)」こと黄永阜さん。

    この村が80歳代後半の黄じいさん合わせて3家族になり、台中市の再開発区になり、

    まもなく取り壊されるという運命になった時、

    黄じいさんは突然、ペンキで家の前の灰色のコンクリート壁に絵を描き始めたのだそうです。

    なぜ描いたの?と聞くと、「退屈だったから。」と。

    いまや映画の舞台としても有名になり、台中名物になったそう。

     

    いつか行ってみたいポーランドのザリピエ村もこれに近いかな。

     

     

     

    暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,三島町宮下地区屋号サインプロジェクト

     

     

    過疎化した村の一角やシャッター商店街を若手のアーティストや美大生とかに託して

     

    自由にやっちゃっていいよ!みたいなことができたら面白そうだなあ。

     

    というかわたしも参加したい。

     

     

    暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,只見線暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,只見線暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,只見線暮らす旅,日本縦断,家族旅,親子旅,子連れ旅行,子連れ旅,日本一周,こありっぷ,本州,キャンプ,食,民芸,民藝,吉田ちかげ,福島,福島県,奥会津,東北,只見線

     

     

    そしてこの奥会津から長野に抜ける山越えが本当にすごかった。

     

    もう気分はロードオブザリング。

     

    山!川!ダム!がとんでもないスケールで立ちはだかり

     

    さらにそこを只見線という鉄道マニアには大変有名な路線が走っています。

     

    正直、車で走っていて「ここほんとに鉄道走るの?え。」

     

    みたいな景色ばかりでした。ほぼジェットコースター!

     

    紅葉シーズンが素晴らしいみたいなので、これはいつか行かねば、、と

     

    固く心に決めました。

     

     

    次回はようやく郡上八幡編。

     

    年内には全部書ききりたいと思います。

     

     

    ---------------------------------------------------------------- 


    こちらも随時更新しています。 

    Instagram:chikage1212 

    Twitter:chikage1212 


    ----------------------------------------------------------------

     

     

     

     

     

     

     

     

    JUGEMテーマ:旅写真


    << | 4/173PAGES | >>

    Chikage Yoshida



    Art Director/Designer
    桑沢デザイン研究所卒業。グラフィック・WEBなどのデザイン制作から、イベントやディスプレイの空間演出などを手がけています。
    2016年3月に一児の母になり、仕事と育児の両立奮闘中。 主催している食と器プロジェクトで、作家さんの個展の企画や食事会のプロデュースを行なっています。 旅、食、写真、ゲームがすき。


    こちらのブログは
    コトバ・旅・写真・食をテーマに
    こころ動かされたもの、ひと
    お仕事のこと、日常のことなどを
    自由に綴っています。

    仕事実績ページはこちら

    デザイン関連のお仕事、または製品や旅行のレビュー依頼、ブロガーイベント、取材のご相談のお問い合わせはこちら

    ※当ブログの内容、テキスト、画像等の無断転載・無断使用を禁止します。 ライセンス料をお支払いいただくことで有償にて可能となっておりますので、お気軽にご連絡ください。

    calendar

    S M T W T F S
          1
    2345678
    9101112131415
    16171819202122
    23242526272829
    << February 2020 >>

    selected entries

    categories

    archives

    links





     

    search this site.

    mobile

    qrcode